そこはかノート ー台湾つれづれー

台北で異国の料理 (インド、ベトナム、トルコ)

今日は久しぶりの晴れ。遅く起きてしまったので、平日行く暇のない市場に慌てて行った。昨日の火鍋で持ち帰ったスープに入れる具材など買い(初めてお肉屋さんで買い物。なんとか薄切りをお願いするという私には難易度高いことも挑戦)、市場の帰りインド料理屋さんでお昼ごはん。

ベジタリアンのインド料理さんでお豆や野菜のカレーセット。ごはんになぜかトーストも付き、ヘルシーかと思いきや炭水化物摂りすぎ。
e0209865_16503458.jpg

台湾料理に飽きたわけでもないけど、軽めに食べたいという時によく選ぶのはベトナム料理。何軒か家の近くにある中でこのトマト入りフォーがおいしかった。
e0209865_15304770.jpg

お店の前を通ってなんとなく気になっていたトルコ料理屋さん。羊のグリルにピザのようなもの。この日もまた炭水化物多め。ここは期待ほどでなかったのに割と高かった。店内には中東風なお客さんが多く、インテリアも異国ぽさがあり、雰囲気は楽しめる。
e0209865_17525658.jpg

食の選択肢の多い台北。タイ料理やピザ釜のあるピザ屋も行ってみたいお店があるのでまた。

[PR]



# by sokohaka-note | 2017-12-10 15:29 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

寒くなったので火鍋。* 無老鍋 (台北 市民店)

台北もかなり気温が下がってきて、15℃くらい。毎日ほとんど雨か曇りなので、日が当たらず室内でも寒い。鍋が食べたいなと思って市民大道にある人気の火鍋屋さん「無老鍋 (台北 市民店)」に電話してみると意外に当日でも予約が取れた。

予約したのは14時だったのでお昼を外れていたから予約が取れたのかなと思いきや、到着してみるとお店の表にはまだ入るのを待つたくさんの人が。
e0209865_21031613.jpg
何度も台湾に旅行に来ていた割に初めての火鍋。もちろん、スープが2種類とも楽しめる鴛鴦鍋(おしどり鍋)に。スープは、薬膳ベースの、コラーゲン鍋とピリ辛鍋(辛さは聞かれるので控えめで)。

鍋の具材は単品で豚、羊、鶏、海鮮、野菜盛り合わせなどオーダー。ここの名物のアイスクリーム豆腐なるものはスープとセットでついてくる。とにかくスープがおいしい。色の割にそんなに濃すぎず辛すぎず、どんどん飲めるので、セットされたスープを追加。

そして、最後に大盤振る舞いだなと思ったのが、残ったスープは持ち帰りますかと聞かれ、そりゃあもちろん、とお願いしたところ、残った中に豆皮と豬血の具材とスープを足し、なんと、更にそれとは別に新しいスープも2種類頂けるのです!

ビニール袋にたぷんたぷんと入ったスープ4包み、かなり重かったのでそのまま帰る人向けではあるけれど、これは嬉しい。お腹いっぱいで諦めた締めの麺を家で食べられるー。というより、もう一回鍋ができそう。旅行では難しいかもしれないけど可能な方はぜひ持ち帰り(打包)を!


[PR]



# by sokohaka-note | 2017-12-09 13:22 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

テキストを分解した話(師範大学 語学センター)

台北の師範大学の語学センター(国語教育中心)の授業が始まって今日でまる1週間。平日毎日学校へ行くなんて何十年ぶりのことで、慣れない生活でぐったり。その上、重いテキストを背負っているので体力的にも疲れる。

そこで、クラスメイトが教えてくれたのがテキストを分解してくれる校内の印刷屋さん。テキストを好きなところで分けてくれて、それぞれに表紙のコピーを付けてくれる。(表紙の色は選べる)これで100元(日本円で370円)。
e0209865_18544551.jpg
こんなサービスが日本でもあるのかどうか知らないけど、自分で切ろうと思っていたくらいなのできれいに仕上がって大満足。なんといっても、私の場合、今のテキストの最後の方からスタートしたのでほとんどは学校に持って行く必要のないページ。少しでも軽くなって助かった。

はてさて、この生活を3ヶ月も続けられるのでしょうか。


[PR]



# by sokohaka-note | 2017-12-08 18:54 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

クラス替えに悩む(師範大学 国語教育センター 換課)

師範大学の語学センターでの授業が始まって5日目。今週いっぱいは、配属されたクラスから別のクラスに移ることができる期間。例えば、レベルが合わないとか、先生の方針に合わないとか、授業時間が合わないとか、理由はともかくこの1週間だけクラスかえのチャンスがある。(今日は、ここへの留学を考えていない場合は特に面白くない記事です)
e0209865_19233901.jpg
もともと申込みの時には、1日3時間のコースを希望したのに満員で2時間の方に入ることになったため、3時間のクラスに空きがあれば移るつもりだった。聞きに行ってみると1人来なかったのだとかで、空きが出たという。

ところが、今日も夕方まで学校に残っていたのだけど、今の状態でも授業後の復習に時間がかかっているのに、3時間分の復習をする時間があるのか、という心配と、今の先生は特に宿題が少ない方針だとかで他のクラスに行けば復習に加えて宿題にも時間がかかるはず。

そう考えると今のままの方がよいのかも、と5日通って思い始めた。

ただ、私の場合クラス分けの面談で今のテキストからでも、1つ進んだテキストからでもよいと言われたところを 万が一付いていけないのを心配して下のテキストから始めた。そのせいもあるとは思うけど、内容は少し簡単に感じるし、自分のことは棚に上げてというより雲の上に上げて言うと、クラスメイトのレベルがあまり高くない。

外国語訛りがある上にあまり話せないので、いまひとつ何を言っているのかわかりづらい。(私の聞き取り能力の問題もあるのだろうけど、一応先生の言っていることならほぼ100%わかる

できれば、私が焦るくらいのレベルのクラスメイト達の中で必死に食らいついていく、ぐらいが理想なのだけど、(ご飯はあまり作っていないとはいえ)家のことと両立することを思うと悩むところ…。

他のクラスのお試し受講はできるのだけど、自分の元の席が保証されないので、クラス替え難民になる可能性があるとも聞くので、このまま与えられたクラスでやっていくことになりそう。(条件なしでお試しできる制度求む!)


[PR]



# by sokohaka-note | 2017-12-07 20:55 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台北で気に入っているパン屋さん *天和鮮物とカラーボックス

朝ごはんは必ずパン。私のパン好きを知っている友達は、台湾でもおいしいパンがあるのかと心配してくれる。以前、ハード系のパンがおいしいLALOSのことを書いたけど(こちらの記事)、他にも好みのパンが少しずつ見つかっている。

善導寺駅の近くの「天和鮮物」というナチュラル系スーパーの一角にあるパン屋さん(天和烘焙)。ここのハード系のパンがお気に入り。特にチョコレートの入ったもの。それと最近気付いたのは湯種パンがあること。小さいのは湯種生地のコーンパン。こっちではふかふかすぎたりスカスカした生地のパンが多くて、湯種パンのような引きの強いパンが食べたかったので嬉しい発見。
e0209865_17392683.jpg

東門駅のすぐ近くの路地でたまたま見つけたパン屋さん「color box(彩色盒子)」有名な鼎泰豊本店の、大きな道路を挟んだ向かい側。路地の入り口にあった看板に惹かれて行ってみると、ドイツ系、フランス系、台湾系、色んな種類のパン。材料にもこだわっているよう。気に入ってその後も時々買いに行っている。
e0209865_17402457.jpg

今や学校のテキストにまで名前の出ている「吳寶春」旅行で来た時は最終日に買って日本に持ち帰ったりしたけど、台北に住み始めてから初めて行った。2016年の受賞作という、台湾プラムのパンもなかなかおいしい。
e0209865_17394491.jpg


[PR]



# by sokohaka-note | 2017-12-06 21:33 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。
by sokohaka-note
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

ファン

ブログジャンル