そこはかノート ー台湾つれづれー

台北の市場で見つけた珍しい果物

e0209865_21045733.jpg
市場で、初めて見る果物があった。果物屋のおじさんに聞くと、名前は「黄金果」ゴールデンフルーツ? 半分に切ってスプーンで食べるのだとか。

e0209865_17061100.jpg
果肉はまるでゼリーのようで半透明。大きめの種が3つ入っていた。お味は、薄甘い感じで、食感は少しだけざらっとしている。個体差の問題かもしれないけど、私の食べたのはそれほど特徴あるようなおいしさではなかった。

一緒に写っている緑のものはヘチマ。日本でもヘチマは食べていたけど、どれも長いもの。こんな丸いものは見たことがなかった。台湾風にハマグリと一緒に蒸し煮にした。

そのハマグリ、平たいトレーに海水と一緒に入れて売られていて、これ下さいというと、ザルを渡されたのでザザッとすくおうとしたら、お店のおじさんに、違う違うこうやって一粒ずつ選ぶんだよ、とぷっくりと太ったハマグリをつまみ出して見せる。

こちらの人は、なんでもバラ売りになっているのをひとつずつ吟味しては選んで買っている。例えば、スナップエンドウとかオクラとか、シメジだってばらばらにしてあるのをしゃがみこんで選んでいる。果物はいちいち触って食べごろか確認する。(日本でマンゴーなんて押さえてたら絶対怒られる)

ある時、パックに入れられているトマトを、熟れすぎてないかパックの穴からこそっと押していたら、だめだめー、と言われ、見つかった、と思ったら、ちゃんとフタを開けて中を触ってみて!ほら!と渡された。笑


[PR]



by sokohaka-note | 2017-10-17 21:04 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sokonote.exblog.jp/tb/26118486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。
by sokohaka-note
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル