そこはかノート ー台湾つれづれー

カテゴリ:台湾ぐらし( 70 )




台北で海鮮丼 *三多屋 と 肥猫漁夫

海外に行って日本食が恋しくなるタイプではないので、特に和食屋さんに行こうと思うことはないのだけど、クラスメートが宿題の作文の中で海鮮丼がおいしすぎるお店のことを書いていたので行ってみた。

三度屋」という海鮮丼(生魚片蓋飯)の専門店。台北駅の北側、後站と呼ばれるところにあり、そういえばいつも人が行列しているのを見かけるお店だった。夕方5時前に行ったのですぐに注文できた。(席は屋外のテーブル)
e0209865_17190599.jpg
厚く切った新鮮な刺身がたっぷり乗った丼に、大きな器の味噌汁付きで250元。日本円で1000円。とてもお値打ち。なぜか黒豆の甘煮が乗っているのがなぞではあるけど。
他に握り寿司や散らし寿司もメニューにあった。

もう1軒、テレビのグルメ番組で見たおいしそうなお店がうちから近かったので行ってみたのが肥猫漁夫」お昼の開店時間すぐに入った。
e0209865_17491630.jpg
炙り海鮮丼。6種類のお刺身の中には私の好きな穴子とエンガワも。炙ったお寿司がすきなので、とてもおいしかった。実は厚みのある刺身は苦手なので個人的には三度屋よりこちらが好み。単品で450元(1700円)というとそこそこ贅沢なお値段。2人で行って、他に、お造り盛合わせ、鱈と白子の茶碗蒸し、魚の味噌汁を頼んで、おそらく突き出しなのかオクラの煮浸しと梅酒ゼリーも出てきた。

この近くにもおいしそうなお鮨屋さんを見たので次はそこに行ってみようと目論んでいる。


[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-23 16:37 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

何十年ぶりの学生証をもらう(師範大学 新入生登録日)

来月から通う師範大学の語学センターの新入生登録に行ってきた。申込みはすでに済ませていて、今日は登録と学費の支払い、クラス分けを行う日。午前は学校(国語日報)へ行って午後の部に参加。

来ていた他の学生達を見ると意外と(その時間帯に限っては)日本人は少なく、アジア以外の人も多い。

申し込みに行った時に、クラス分けのためのテストはネット上でできるので、事前に家でやっておくと時間の節約になる、と言われていたので昨日のうちに済ませておいた。

いやー、これが疲れた。さらっと終わらせるつもりが、なんと3時間以上かかってしまった。3部に分かれていて、最初の方こそ変な挿絵に突っ込み入れつつ調子よく回答していたものの、だんだんと疲れてくるわ、難しくなっていくわ、で頭が回らない。終わった時には疲労困憊。ぐったり。

が、今日行ってみてどうやら全部受ける必要はなかったらしいことが判明。

それはともかく、このテストの結果と、今日の面談(どのくらい勉強したことがあるか、など聞かれたのだけど、たぶんどの程度話せるかを見ているのだと思う)でクラスを決めて、何十年ぶりの学生証をもらった。学生証が交通ICカードを兼ねていて、おばさんでも交通費は学割。
e0209865_18373126.jpg
ちら見せ。


[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-22 17:35 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台湾らしくない甘いものの話 *ロータスとハーゲンダッツ

今日は晴れ間もあったというのに、朝から干している洗濯物が夕方になっても全く乾いていない。これが噂に聞いていた何日干しても乾かない台北の湿度か、と思いつつ部屋で除湿機と扇風機で乾かす。

ところで。
非常にキケンなものを買ってしまいました。
e0209865_13094962.jpg
ロータスキャラメルビスケットがスプレッドになったもの。その存在は知っていたものの、台湾で買えるとは知らず、たまたまジェイソンズマーケット(輸入ものを多く扱うスーパー)をぶらぶらしていて発見。

見た目はピーナッツバターのようで、味はそのまんまロータスキャラメルビスケット。クランキーと書いてある通り、ビスケットがジャリジャリと入っている。カロリーは高くても栄養があるピーナッツバターと違って、ただただ太るだけのもの。味がみてみたいというだけでついうっかり買ってしまった。

日本円で約600円。今見るとアマゾンでは1890円で売っているようなので、日本から旅行に来たついでに買ってもいいかも?(台湾土産ではないけど…)

ロータスのではないけど、スペキュロスペーストの入ったハーゲンダッツのアイスも非常においしかった。台湾のハーゲンダッツは日本とラインナップが違う。サイズも微妙に違うけど、お値段は高い。(逆に安くなくてよかったともいえる)
e0209865_13110744.jpg


[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-21 21:02 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台北 気軽でおいしい小吃 *金峰魯肉飯と藍家割包

少し前の30℃から数日で一気に気温が急降下して寒い。

台湾には小吃店という気軽な食堂があちこちにあって、小腹を満たすのにもいいし、食事を軽くすませたい時や、レストランのように昼と夜の間に休みがなく通し営業なのでランチを食べ損ねた時にも便利。

今通っている学校の行き帰りに前を通るのが有名な「金峰魯肉飯」。学校帰りのちょうどお昼時はいつでも長い行列。逆に朝学校へ向かう時は空いているので、朝食がてらに寄った。
e0209865_18055986.jpg
旅行で来た時に何度か食べたきりだったけど、ここのはやはりおいしい。お米がぱらぱらなのはもはや台湾ではスタンダードなのでまぁよしとする。小碗は日本円にして100円ちょっと。私の好きな豚の胃袋スープもメニューに見つけたので頼んでみると、大根もごろごろ。

週末、公館のアウトドアショップに行った際、お昼をとうに過ぎてしまった時間帯にランチ代わりに入ったのは「藍家割包」。ここも旅行で来た時に、何年かに一度寄っていたけど、今回初めてスペアリブとトウモロコシのスープを頼んだ。これ、ヒット!スープにトウモロコシの甘みが出ていておいしい。
e0209865_18061967.jpg
日本だと、小腹を満たす甘くないものがあまりないので(たこ焼きや豚まんくらいしか思い浮かばない)様々な小吃があるのは台湾のよいところ。

余談…
公館のアウトドアショップで、私の愛しの(大げさ。だけど手放せない)スマートウールの靴下を発見。金額は日本とそう大きくは違わない。

[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-20 18:03 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台北 路地裏の居酒屋 *小巷亭(圓環)

台北駅の北、圓環のそばの路地裏に気になるお店があった。私のすきなドラマ「深夜食堂」がありそうな路地。その名も「小巷亭」(巷子は、路地や横丁という意味)いつも賑わっているので、少し早めの時間帯に行ってみた。
e0209865_17390016.jpg
道端の屋台に、端からおでん、味噌汁、茶碗蒸し、巻き寿司、刺身、焼き魚、小皿料理とずらっと並んでいる。トレーにすきなものを乗せていくと、その先におばちゃん達が待っていて店内の席に案内してくれる。(外の席もある)
e0209865_22160092.jpg
一応、日本料理の居酒屋ということになっているけど、小皿料理はそんなに和風でもない。おでんには、豬血糕(餅米を豚の血で固めたもの)が入っていたりもする。
e0209865_22154047.jpg
なんでもおおざっぱなイメージのある台湾に意外や繊細な飾り巻き寿司があった。でも、ここにも肉鬆(肉そぼろ)が入っているのがやはり台湾。


[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-19 17:15 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台北でスリランカ紅茶の茶葉を買う

朝はパン食でミルクティーを飲む。これはもう子供の頃から変わっていない。日本にいた時は朝のミルクティー用の紅茶は、それほど高くない日常使いできる金額の茶葉を使っていた。例えばよく買っていたのはムジカのもの。

日本から持ってきたものがなくなりそうになったので、あちこち探してみたけれど、思うようなものがない。台北のスーパーにあるのティーバッグばかり。台湾紅茶もおいしいけれどお高いし、ミルクを入れずストレートがよさそう。

スリランカやインドの紅茶(茶葉)は一体どこで買えるのか、調べてみてもわからず。とりあえず台湾紅茶の手頃なものを買うか、と旅行に来た時もよく行っていたお茶問屋さんへ。すると、紅茶 とだけ書いた缶が。聞くとスリランカのものだという。値段も手頃。
e0209865_13464030.jpg
台湾ではだいたいものの値段は1斤(600g)あたりで表示されているのだけど、スリランカのものは1番高いもので400元。つまり日本円にすると100gで300円もしない。これならたっぷりと使える。(1番安い紅茶は1斤80元でベトナムのもの)
e0209865_13481063.jpg
買ったお店は林華森茶行大きな缶に金額ごとに分かれたお茶がずらりと並ぶ。一緒に買った台湾紅茶(紅玉)は1斤2400元。日本円で100g1500円ほど。台湾のおしゃれなお店で買うと素敵な容器に入ってとても高価なので、パッケージにこだわらないなら問屋さんはおすすめ。

※ すぐそばにも「 林華泰茶行 」という似たような名前のお茶問屋さんがあり、私は両方利用したことがあるけれど、値段や品揃えはどちらもそう違いはないという印象。こちらはおしゃれな店内、もう一軒は昔ながらの雰囲気。気分で使い分けてOKかと。



[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-18 13:46 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

茹で落花生 と おいしい落花生のお菓子(花生酥)

昨日今日と台北は暑くて30℃にも達している。一旦はダウン姿をちらほら見るほどだったのがまた半袖に逆戻りするとは。まだ台北の気候についてよくわかっていないので、寝具を出したりしまったり。

日本にいた頃は、秋になれば楽しみにしてたのは茹でた落花生。ここ最近は、枚方の杉・五兵衞へ落花生を掘りに行くのが定番だった。(以前訪れた時の記事

台湾では、すでに茹でた(あるいは蒸した)ものが市場よく売られている。シーズンはわからないけど9月にこちらに来てから今もよく見かける。杉五兵衞で採れる大まさりという品種のようには大きくないけどほくほくねっとりしておいしい。
e0209865_21011232.jpg
一緒に写っているのは、花生酥という落花生のお菓子。ピーナッツバターを固めたような、でも、キャラメルのようではなくてサクサクしたもの。これがかなり好みの味で、あまりのおいしさでやめられない止まらない。一袋あっという間になくなりそうだったので、これはキケン、と敢えて学校でクラスメート達にお裾分けした。

ピーナッツ好きな場合は、太る覚悟がある人か、食べるのをやめられる強い意志を持った人のみおすすめします。(大げさ)

[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-17 15:00 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台湾の古いおうちで見つけたかわいいタイル

台中に住む親戚を訪ねて会いに行ってきた。
台北から少し南に行っただけで気温が上がり、まさに私の適温30℃。快適。台中は台北と違って晴れも多いというし、過ごしやすそう。
(あとから聞けば今日は台北も30℃あったそう)

訪ねたおうちは、88歳のおじいさんが50年ほど前から住んでいるという。当時のままのおうちは、あちらこちらのタイルがかわいすぎた!
e0209865_23323965.jpg

e0209865_23325727.jpg

e0209865_23331433.jpg
お風呂もタイル!
e0209865_23334484.jpg

[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-16 22:26 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

学校帰りのお昼ごはん *永康刀削麺 と 老熊牛肉麺

台北へ来て今日で2ヶ月。少し生活に馴染んできた。

永康街のお気に入りお土産屋さん(こちらの記事)へ行くついでにその近くの「永康刀削麵」でお昼ごはん。有名店だけど初めて入った。
e0209865_16393098.jpg
汁なしの麺が好きなので炸醬麵を。麺がうりなだけあってこしがありながらもちもち。一緒に頼んだトマトスープは、スープが牛肉スープなのでお肉は入っていないのにおいしかった。

刀削麺といえば、生地をナイフでシュッシュッと削る姿を思い浮かべるけれど、このお店で麺を削っているのはロボットくん。

台湾には牛肉麺屋さんがたくさんあって、みんなそれぞれご贔屓のお店があるよう。こちらは、台北に住む親戚がお気に入りだと教えてくれた「老熊牛肉麵店」
日本のガイドブックなどで紹介されているのは見たことはないけど、店内には訪れた台湾の有名人の写真がいっぱい。
e0209865_16394719.jpg
スープは日本風に言うと塩と醤油の2種類あって、私が食べたのは清燉(塩)。すっきりした旨みのあるスープながら少しピリッとスパイシー。麺は刀削麵みたいな感じだったけど少し硬めで、永康刀削麺の方が好み。牛肉も牛すじもゴロゴロ入っていて、柔らかくおいしかった。

「老熊牛肉麺」南海路32-1
中正紀念堂駅の南門市場出口が最寄り。
作っているのは路面から見えるところだけど、客席は地下なので通りすがりでは少しわかりずらい。地下へ下りるとお客さんでいっぱい。

[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-15 16:39 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台北 お気に入りのお土産屋さん *来好(永康街)

e0209865_16313892.jpg
ここ最近、日本に出すポストカードを探しにあちこち見に行っていた。ちょっとセンスのよいものは本屋さんとか、あとはだいたい観光客の行くようなところにある。例えば、四四南村や迪化街、松山文創園区など。

中でも永康街にあるお気に入りのお土産屋さん「 來好 」は、センスのよいカードの品揃えは一番だったし、かわいい雑貨もたくさんで自分用にも色々買ってしまったほど。雑貨以外も、お菓子やお茶、調味料など、時間がなければここだけ見れば十分といえるかもしれない。

e0209865_16315288.jpg
私が買ったのは台湾ビールのグラス。ぽてっとした厚みのあるレトロなグラスで、今も普通に食堂やレストランでも使われているもの。永康街の表通りにあるザお土産屋みたいなお店では100元で売っていたけどここでは60元。値段も良心的。

お店のお姉さん達は日本語ペラペラだし、店内のポップも日本語で手書きされている。他のお店で見ないような雑貨も色々。オリジナルの紙袋もとてもかわいい。お願いすると、台湾らしいピンクのしましまビニールに敢えて入れてもらうこともできるというのがまた“わかっている”感じ。

台北旅行の際にぜひおすすめ!

e0209865_18515628.jpg

來好」永康街6巷11 10:00〜21:30
1階が 一針一線 という系列店で、入って左の階段を降りた地下が来好。お会計は一緒。
開店が10時と台湾にしては早めなのも便利。
すぐそばの「bao gift」もかわいい。

[PR]



by sokohaka-note | 2017-11-14 16:30 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。
by sokohaka-note
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル