そこはかノート ー台湾つれづれー

台北でスリランカ紅茶の茶葉を買う

朝はパン食でミルクティーを飲む。これはもう子供の頃から変わっていない。日本にいた時は朝のミルクティー用の紅茶は、それほど高くない日常使いできる金額の茶葉を使っていた。例えばよく買っていたのはムジカのもの。

日本から持ってきたものがなくなりそうになったので、あちこち探してみたけれど、思うようなものがない。台北のスーパーにあるのティーバッグばかり。台湾紅茶もおいしいけれどお高いし、ミルクを入れずストレートがよさそう。

スリランカやインドの紅茶(茶葉)は一体どこで買えるのか、調べてみてもわからず。とりあえず台湾紅茶の手頃なものを買うか、と旅行に来た時もよく行っていたお茶問屋さんへ。すると、紅茶 とだけ書いた缶が。聞くとスリランカのものだという。値段も手頃。
e0209865_13464030.jpg
台湾ではだいたいものの値段は1斤(600g)あたりで表示されているのだけど、スリランカのものは1番高いもので400元。つまり日本円にすると100gで300円もしない。これならたっぷりと使える。(1番安い紅茶は1斤80元でベトナムのもの)
e0209865_13481063.jpg
買ったお店は林華森茶行大きな缶に金額ごとに分かれたお茶がずらりと並ぶ。一緒に買った台湾紅茶(紅玉)は1斤2400元。日本円で100g1500円ほど。台湾のおしゃれなお店で買うと素敵な容器に入ってとても高価なので、パッケージにこだわらないなら問屋さんはおすすめ。

※ すぐそばにも「 林華泰茶行 」という似たような名前のお茶問屋さんがあり、私は両方利用したことがあるけれど、値段や品揃えはどちらもそう違いはないという印象。こちらはおしゃれな店内、もう一軒は昔ながらの雰囲気。気分で使い分けてOKかと。



[PR]



# by sokohaka-note | 2017-11-18 13:46 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

茹で落花生 と おいしい落花生のお菓子(花生酥)

昨日今日と台北は暑くて30℃にも達している。一旦はダウン姿をちらほら見るほどだったのがまた半袖に逆戻りするとは。まだ台北の気候についてよくわかっていないので、寝具を出したりしまったり。

日本にいた頃は、秋になれば楽しみにしてたのは茹でた落花生。ここ最近は、枚方の杉・五兵衞へ落花生を掘りに行くのが定番だった。(以前訪れた時の記事

台湾では、すでに茹でた(あるいは蒸した)ものが市場よく売られている。シーズンはわからないけど9月にこちらに来てから今もよく見かける。杉五兵衞で採れる大まさりという品種のようには大きくないけどほくほくねっとりしておいしい。
e0209865_21011232.jpg
一緒に写っているのは、花生酥という落花生のお菓子。ピーナッツバターを固めたような、でも、キャラメルのようではなくてサクサクしたもの。これがかなり好みの味で、あまりのおいしさでやめられない止まらない。一袋あっという間になくなりそうだったので、これはキケン、と敢えて学校でクラスメート達にお裾分けした。

ピーナッツ好きな場合は、太る覚悟がある人か、食べるのをやめられる強い意志を持った人のみおすすめします。(大げさ)

[PR]



# by sokohaka-note | 2017-11-17 15:00 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台湾の古いおうちで見つけたかわいいタイル

台中に住む親戚を訪ねて会いに行ってきた。
台北から少し南に行っただけで気温が上がり、まさに私の適温30℃。快適。台中は台北と違って晴れも多いというし、過ごしやすそう。
(あとから聞けば今日は台北も30℃あったそう)

訪ねたおうちは、88歳のおじいさんが50年ほど前から住んでいるという。当時のままのおうちは、あちらこちらのタイルがかわいすぎた!
e0209865_23323965.jpg

e0209865_23325727.jpg

e0209865_23331433.jpg
お風呂もタイル!
e0209865_23334484.jpg

[PR]



# by sokohaka-note | 2017-11-16 22:26 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

学校帰りのお昼ごはん *永康刀削麺 と 老熊牛肉麺

台北へ来て今日で2ヶ月。少し生活に馴染んできた。

永康街のお気に入りお土産屋さん(こちらの記事)へ行くついでにその近くの「永康刀削麵」でお昼ごはん。有名店だけど初めて入った。
e0209865_16393098.jpg
汁なしの麺が好きなので炸醬麵を。麺がうりなだけあってこしがありながらもちもち。一緒に頼んだトマトスープは、スープが牛肉スープなのでお肉は入っていないのにおいしかった。

刀削麺といえば、生地をナイフでシュッシュッと削る姿を思い浮かべるけれど、このお店で麺を削っているのはロボットくん。

台湾には牛肉麺屋さんがたくさんあって、みんなそれぞれご贔屓のお店があるよう。こちらは、台北に住む親戚がお気に入りだと教えてくれた「老熊牛肉麵店」
日本のガイドブックなどで紹介されているのは見たことはないけど、店内には訪れた台湾の有名人の写真がいっぱい。
e0209865_16394719.jpg
スープは日本風に言うと塩と醤油の2種類あって、私が食べたのは清燉(塩)。すっきりした旨みのあるスープながら少しピリッとスパイシー。麺は刀削麵みたいな感じだったけど少し硬めで、永康刀削麺の方が好み。牛肉も牛すじもゴロゴロ入っていて、柔らかくおいしかった。

「老熊牛肉麺」南海路32-1
中正紀念堂駅の南門市場出口が最寄り。
作っているのは路面から見えるところだけど、客席は地下なので通りすがりでは少しわかりずらい。地下へ下りるとお客さんでいっぱい。

[PR]



# by sokohaka-note | 2017-11-15 16:39 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

台北 お気に入りのお土産屋さん *来好(永康街)

e0209865_16313892.jpg
ここ最近、日本に出すポストカードを探しにあちこち見に行っていた。ちょっとセンスのよいものは本屋さんとか、あとはだいたい観光客の行くようなところにある。例えば、四四南村や迪化街、松山文創園区など。

中でも永康街にあるお気に入りのお土産屋さん「 來好 」は、センスのよいカードの品揃えは一番だったし、かわいい雑貨もたくさんで自分用にも色々買ってしまったほど。雑貨以外も、お菓子やお茶、調味料など、時間がなければここだけ見れば十分といえるかもしれない。

e0209865_16315288.jpg
私が買ったのは台湾ビールのグラス。ぽてっとした厚みのあるレトロなグラスで、今も普通に食堂やレストランでも使われているもの。永康街の表通りにあるザお土産屋みたいなお店では100元で売っていたけどここでは60元。値段も良心的。

お店のお姉さん達は日本語ペラペラだし、店内のポップも日本語で手書きされている。他のお店で見ないような雑貨も色々。オリジナルの紙袋もとてもかわいい。お願いすると、台湾らしいピンクのしましまビニールに敢えて入れてもらうこともできるというのがまた“わかっている”感じ。

台北旅行の際にぜひおすすめ!

e0209865_18515628.jpg

來好」永康街6巷11 10:00〜21:30
1階が 一針一線 という系列店で、入って左の階段を降りた地下が来好。お会計は一緒。
開店が10時と台湾にしては早めなのも便利。
すぐそばの「bao gift」もかわいい。

[PR]



# by sokohaka-note | 2017-11-14 16:30 | 台湾ぐらし | Trackback | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。
by sokohaka-note
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル