台北で海鮮丼 *三多屋 と 肥猫漁夫

海外に行って日本食が恋しくなるタイプではないので、特に和食屋さんに行こうと思うことはないけれど、クラスメイトが宿題の作文の中で海鮮丼がおいしすぎるという店のことを書いていたので行ってみた。

三多屋」という海鮮丼(生魚片蓋飯)の専門店。台北駅の北側、後站と呼ばれるところにあり、そういえばいつも人が行列しているのを見かける。夕方5時前に行ったのですぐに注文できた。(レジでオーダーし、屋外のテーブルに案内される)
e0209865_17190599.jpg
厚く切った新鮮な刺身がたっぷり乗った丼に、大きな器の味噌汁付きで250元。日本円で1000円。とてもお値打ち。なぜか黒豆の甘煮が乗っているのがなぞではあるけど。
他に握り寿司や散らし寿司もメニューにあった。

もう1軒、テレビのグルメ番組で見たおいしそうなお店がうちから近かったので行ってみたのが肥猫漁夫」お昼の開店時間すぐに入った。
e0209865_17491630.jpg
炙り海鮮丼。6種類のお刺身の中には私の好きな穴子とエンガワも。炙ったお寿司がすきなので、とてもおいしかった。実は厚みのある刺身は苦手なので個人的には三度屋よりこちらが好み。単品で450元(1700円)というとそこそこ贅沢なお値段。2人で行って、他に、お造り盛合わせ、鱈と白子の茶碗蒸し、魚の味噌汁を頼んで、おそらく突き出しなのかオクラの煮浸しと梅酒ゼリーも出てきた。

この近くにもおいしそうなお鮨屋さんを見たので次はそこに行ってみようと目論んでいる。


[PR]
by sokohaka-note | 2017-11-23 16:37 | 台湾ぐらし | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。


by sokohaka-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31