台北の本屋さんを3軒はしご

午前中、来月(つまり明日)から通う師範大学の語学センターのオリエンテーションに行ってきた。日本人だけ集めて日本語でビザや授業についての説明があり、校内の施設の説明を受けて、教科書を購入したら終わり。
今月通っていたのがこじんまりした学校だったので生徒の多さに圧倒されて帰ってきた。

午後、台湾の旅行ガイドが見たくて本屋へ。台湾で本屋といえば誠品書店。何軒も支店があるけれど、敷地内にもう1軒本屋さんがある松山文創園区に。
e0209865_20380763.jpg

緑の小道の向こうにある小屋が「閱樂書店」。おしゃれな本屋だけど、本を探すというより雰囲気を楽しむ感じ。中のカフェでゆっくりしている人もちらほら。
e0209865_20383773.jpg

誠品書店でしばしガイドブックを見た後、そういえば近くにジュンク堂があったのを思い出し寄ってみたら、日本のジュンク堂がそのままそこにあった!初めて行ったのでちょっと驚き。台湾の本は一切なくて、本当に日本にいるみたいに日本の本ばかり。
e0209865_19173037.jpg
本の価格は、書籍と雑誌では違うけど、それぞれ一律の計算方法が決まっている。おおよそ日本の価格の1.5倍ほど。レジ横の機械にバーコードをかざすと表示される。

ありがたいことに夫の会社が送料を負担してくれて日本の本を通販できるシステムがあるのだけど日数がかかるので、急ぎの場合はここで買えそう。

そういえばつい最近、台北の松山駅前にも「TSUTAYA」がオープンしたそうなのでそちらも見に行って見なくては。(公式サイトはこちら

[PR]
by sokohaka-note | 2017-11-30 18:57 | 台湾ぐらし | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。


by sokohaka-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31