久しぶりにパイナップルケーキの食べ比べ(その1)

台湾に旅行に来ていた時は毎度必ず買っていたパイナップルケーキだけど、台北に住むようになってからは全く食べる機会がなくなった。久しぶりにリサーチしてみようかなといくつか買ってみた。
e0209865_15492246.jpg
上が、通っている学校(師範大学)のそばの自然派のお店「手天品」のクルミ入り。日本の本にもよく紹介されている。日本人に人気だそうだけど私はちょっと物足りない。ナッツ入りなら中山の「新純香」がすき。

右は、前々からお気に入りの「小珍珠烘焙坊」という永康街にあるパン屋さんの。口どけのいい生地と餡のバランスがとても好み。長年私のお気に入りパイナップルケーキはここのもの。

そして下は今回初めて買った「第8口鳳梨酥
e0209865_15495788.jpg
「第8口鳳梨酥」ではフレーバーがいくつもあって、試食させてもらった中気に入ったレモンチーズと迷ってジャスミン緑茶を買った。(箱売りしかなく単品では買えなかった。)中の餡はパイナップルなのだけどそこに緑茶を混ぜ込んだような感じ。
e0209865_15493976.jpg
こんなにフレーバーがあって、願くば1つずつ全て入ったアソートを販売してくれたらなぁと思うのだけど、3種類各5個入りというのしか見当たらなかった。素材にもこだわっているようで添加物なし。パイナップルも混ぜ物なし、それでいて酸っぱ過ぎないのが好印象。観光に便利な永康街や101、台北駅の三越、誠品などにあるのも便利。

有名どころだと、微熱山丘や日出(宮原眼科)はちょっと酸味が強くて、私は佳徳の方が好み。他にも、以前に何度かパイナップルケーキの記事を書いたことがあるのでよかったらご参考に。(こちら


凝り性なので、これを機にしばらくパイナップルケーキ食べ比べが続きそうです^^

その2は こちら


第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・おでかけ部門 に参加します。



[PR]
by sokohaka-note | 2018-01-14 15:47 | 台湾ぐらし | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。


by sokohaka-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30