台中で一泊してぶらぶらしてみた1(宮原眼科)

台中の親戚に会いに行くついでに、せっかくなので一泊してきた。台中には何度か行っているけど、駅近くだけ。今回は街の中心あたりにも行ってみた。
e0209865_20383359.jpeg
台湾は日本と比べてデザインマンホールが少ないけど、駅近くの川沿いで発見。(台北で見つけたのは これ☆ や これ☆

何度も行っているけど「宮原眼科」はやっぱりお約束。今回は到着するなりアイスクリームを食べて、晩ごはんにもまた戻ってきて2階のレストラン「酔月楼沙龍」で頂いた。
e0209865_21341640.jpeg
今はクリスマス仕様になっていて、店員さん達もクリスマスカラーのかわいい制服だった。何度来ても隙なく作り込まれたこのお店の世界観には感心する。ここはもはやお菓子屋さんではなくひとつのファンタジーの世界のアトラクション。ネズミの国にあっても違和感ない。
e0209865_21352312.jpeg
毎度毎度テンション上がるパッケージは、できれば箱や包み紙だけ買いたいくらい。(リボンは買える)センスがよすぎてくらくらする。
e0209865_21391406.jpeg
e0209865_21404183.jpeg
e0209865_21405680.jpeg
2階のレストラン「醉月樓沙龍」は一度も行ったことがなかったので晩ごはんをここで頂くことにした。土曜日の夜、予約はしていなかったけど席に着くことができた。アイスを食べたりお菓子を買ったりする人が多いのかと思っていたけど、意外やレストランも8割ほどお客さんが入っていた。
e0209865_21450079.jpeg
敢えてのレトロな色あいの写真入りメニューがかわいい。(昔の婦人雑誌の料理ページみたい)「茶食拼盤」という軽食の盛合せを注文した。3、5、7種類盛りがあって、メニューの中から自由に組み合わせできる。
e0209865_21505300.jpeg
これは5種類盛り。どれも熱々で提供されて、思いのほか味も本格的。軽食といいつつ、2人で食べるには多過ぎるくらいだった。見えていないけどお皿の柄もとても素敵。

ホテルは一度泊まってみたかったデザイナーズホテル「紅點文旅」(公式HP☆)バスタブのあるタイプの部屋を選んだ。客家花布のベットヘッドがかわいい。
e0209865_21555993.jpeg

台中ぶらぶら その2☆ へつづく。


第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
台湾での日々を綴るそこはかノート
旅行・おでかけ部門に参加します。


[PR]
by sokohaka-note | 2018-11-11 20:20 | 台湾ぐらし | Comments(0)

徒然なる毎日をそこはかとなく書き綴ります。2017年9月から台北暮らし。


by sokohaka-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31