人気ブログランキング |
NEW POST

台湾の内臓スープ 豚の胃袋スープと四神湯

台湾には内臓料理が結構あって、小吃店で茹でた内臓を切って出すというシンプルなものもあるし、滷味といういわゆる醤油煮のお惣菜屋さんでも具材によく見かける。スープなら、例えば鶏の内臓の下水湯、豚の内臓を使った漢方スープ四神湯など。

日本ではホルモンを好む人と苦手な人がはっきり分かれると思うけど、私はわりと小さい頃から食べつけていた。生まれ育った神戸に「丸玉」という台湾料理屋さんがあって、子どもの頃から行っていて、茹でて醤油と香菜で食べる生腸や胃袋スープが好きだった。

台湾で食べてから、日本の生腸や胃袋スープは別物かというほど台湾の方がおいしいと知ったのだけど、その2つが頂けるお気に入りのお店がある。
e0209865_23511964.jpeg
胃袋スープと油飯。写っていないけど生腸など内臓系もある。胃袋スープは、レストランでもたまに見かけるのだけど、街の小吃店では意外に見つからない。ここのは胃袋が分厚くて、かつ茹ですぎてないから固くない。しかも胃袋たっぷり。
e0209865_23521685.jpeg
豚の胃袋と日本の高菜のようなお漬物のみのシンプルなスープ。レストランでも何度か食べたことがあるけどこのお店に勝る胃袋スープにはまだ出会っていない。
e0209865_23570051.jpeg
台北に住む前は、旅行でよく来ていたのだけどここの胃袋スープは毎回ぜひ食べたいものの1つだった。地元の人がささっと食べて行くようなお店なので場所は敢えて書かないけれど、ヒントは台北駅からそう遠くないところ。

また四神湯という内臓とハトムギ、蓮の実など入った漢方スープも好物で、これは台北市内にも色々あるので食べ比べている。なぜか四神湯のお店には割包(中華バーガーと訳されるようなもの)やチマキを扱っていることが多い。
e0209865_00012220.jpeg
最近食べたのは松山駅の南にある「松山割包」ふかふかの生地に、ピーナツパウダーたっぷりでお肉が見えないけどトロトロに煮た豚の三枚肉が挟んである。パクチーとピーナツパウダーの組み合わせが、食べ慣れるとはまる。
e0209865_00073590.jpeg
四神湯は、腸、胃袋、ミックスなど選べるお店なら迷わず胃袋だけの豬肚湯にする。公館の有名店には昔よく行っていたけど、今はこちらのお店の方がおいしいと思う。

日本から友達が来た時に案内したのは松山区の「老翁家四神湯」ここも豬肚四神湯がある。スープも割包も好評だった。
e0209865_00093060.jpeg

誰にでもおすすめできるというジャンルでもないけど、漢方やホルモンがお好きな人には、台湾でぜひ食べてみるとよいと思う。


以前このブログに書いた四神湯は こちら☆


by sokohaka-note | 2019-09-03 21:30 | 台湾ぐらし | Comments(0)

徒然なる毎日をただそこはかとなく書き綴ります。 2017年9月から台北暮らし。


by sokohaka-note ( mize.lin )
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30